全国でペライチを使ったホームページ作成講座開催

「数字の魔法」印象を操るマーケティング術

今日は「数字のマジック」というテーマで、フレーミング効果という心理学の原理を使って、数字を使ったマーケティングテクニックをご紹介します。

販促軍師

こんにちは、愛知県豊橋市を拠点として全国の中小企業の皆さんの、集客と販売促進のサポートを、デザイナーとコンサルタント両方の視点でサポートしている、販促工房の笹野です。

3つのポイントから考える

マーケティングにおけるフレーミング効果の理解、数字を使った印象操作の具体例、そして最も効果的な数字の表現方法を紐解く3つのポイントで、あなたのビジネスコミュニケーションを変革しましょう。

✅3つのポイント!

①フレーミング効果を理解する
②数字を使った具体例
③効果的な数字の使い方

ポイント①

フレーミング効果を理解する

「フレーミング効果」とは、同じ内容を
どのように伝えるかによって、人々の受け取り方が
変わるという心理学の法則です。

例えば、同一の製品の特徴を「効率的」と
表現するか「省エネ」と表現するかによって、
消費者の製品に対するイメージは大きく変わります。

この原理を活用することで、皆さんのビジネスが
提供する商品やサービスの魅力を、
より強調し、顧客に訴求することが可能です。

マーケティングや広告文の作成において、
フレーミング効果は、簡単な言い換えで
大きな差を生み出す強力なツールとなります。

言葉一つで印象が変わる
この効果をうまく用いて、
売上向上に繋げましょう。

ポイント②

数字を使った具体例

数字の表現一つで、私たちの製品への
印象が大きく変わることがあります。

例を見てみましょう。
「タウリン1000ミリグラム配合」という
フレーズは、その多さに目がいきますね。

しかし、これを「タウリン1グラム配合」と
変えただけで、その印象はぐっと控えめに
感じるかもしれません。

1000という数字のインパクトが、
消費者の認識に「より多い」という
感じを与えるのです。

マーケティングではこのように数字を
用いることで、お客様の製品に対する
見方を巧みに誘導できるのです。

言葉を変えるだけで、実際の内容は同じでも、
価値の感じ方が変わる、それが数字のマジックです。

ポイント③

効果的な数字の使い方

マーケティングの世界では数字の提示方法が
顧客の購買心理に深く影響します。

たとえば、高額な商品に関しては、
割引率を前面に打ち出すことで、
顧客に大きな節約をしているという
感覚を抱かせることができます。

逆に、価格が比較的低い商品には、
具体的な割引額を提示することで、
顧客は「お得感」を具体的な数値として
捉えやすくなります。

この微妙な変化は、消費者が「得をしている」
と感じるかどうかを左右し、
結果的に購入に至るかどうかの
大きな要因となるのです。

数字を使い分けることで、
販売戦略をより精密に構築することが
可能になります。

まとめ

マーケティングの効果を最大化するには、
数字の使い方がカギを握ります。

提示する数字一つで消費者の意思決定が
左右されるため、戦略的に数字を選ぶことは
売上向上に直結します。

本日お伝えしたテクニックは、
その一端に過ぎませんが、これらを
活用することで、あなたのビジネスが
提供する価値を顧客により明確に、
そして魅力的に伝えることができるでしょう。

数字をただの数ではなく、説得力のある
ツールとして使いこなし、販売促進に
役立ててください。

さあ、今日学んだ数字の魔法を、
あなたのビジネスにも応用してみませんか?

https://incorporation-step.hp.peraichi.com/
https://attrait.shop/
https://peraichi.com/landing_pages/view/hansokurink
https://attcus.pro/inquiry-form/
シェアをして友達にも知らしたげよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です