全国でペライチを使ったホームページ作成講座開催

物販業者の販促を考える基準とは

販促軍師

こんにちは、愛知県豊橋市を拠点として全国の中小企業の皆さんの、集客と販売促進のサポートを、デザイナーとコンサルタント両方の視点でサポートしている、販促工房の笹野です。

人はどこにでもある商品なら、どこで購入するのでしょうか?

物販の場合、唯一無二な商品って
なかなか無いですよね

では、そんな商品を販売している事業者さんは
何を基準に販促を考えれば良いでしょうか?
そんな視点で、まずは
お客様の購入基準を見ていきましょう。

消費者の購入動機に関するランキング

1:安い所
多くの消費者は価格を重視し、最も安価な商品やサービスを選ぶ傾向があります。特に経済が不安定な時期や予算に制限がある場合、価格は最も重要な決定要因になります。

2:買いやすい場所
アクセスの良さや購入プロセスの容易さも重要な要因です。オンラインショッピングの普及により、買いやすさはますます重視されるようになっています。

3:割引ポイントのつく場所
ポイントやリワードプログラムは顧客のリピート購入を促す重要な要素です。特に長期的な顧客関係を築くために、多くの店舗やブランドがポイント制度を利用しています。

4:何かのついでに購入する
便利さや機会が重要な役割を果たします。多くの人が他の用事を済ませるついでに、何かを購入することがあります。

5:好きな人のお店
個人の好みやブランドへの忠誠心も購入動機に影響を与えますが、これは通常、他の要因に比べて優先度が低いと考えられます。

いかがですか?
予算をかけるべきポイント
予算をかけなくても出来るポイント
いろいろありますよね

まずは、利益率をアップするための
予算をかけなくても出来る施策から
やっていくのが良いでしょう

努力でなんとかなる部分は
努力でやりべきですが
自分の時間単価も計算するのも
忘れないようにしましょうね。

https://business.sp-factory.site/study
https://business.sp-factory.site/profile
https://business.sp-factory.site/puberty
https://business.sp-factory.site/money-semi
https://business.sp-factory.site/roadsign
https://attrait.shop/
https://peraichi.com/landing_pages/view/hansokurink
https://attcus.pro/inquiry-form/
シェアをして友達にも知らしたげよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です