全国でペライチを使ったホームページ作成講座開催

AIライティングCatchy(キャッチー)で“ブラックフライデー”のキャッチコピーを作ってみた!活用についてもご紹介

時代はキャッチコピーもAIに。

Catchy(キャッチー)は、サービス名とサービスの内容を入力するだけで、自動的にキャッチコピーをはじめとした文章を作成してくれるAIライティングアシスタントツールです。

一からキャッチコピーを作るのではなく、作られた複数のキャッチコピーの中から最適なものを選択することができるため、ホームページ・広告・資料・メールなどの文章をより効率よく作成することができます。

今回はそんなCatchyを使って、“ブラックフライデー”のキャッチコピーを作ってみました。
どんなキャッチコピーが作られるのか、どんなところに活用できるのかなど、ご紹介していきますね。

Catchyで作成された“ブラックフライデー”のキャッチコピーはこちら

●ブラックフライデー!超おトクなセールが開幕。お買い物のチャンスをお見逃しなく!

●最大の買い物イベント、ブラックフライデー!特別なプレゼントを手に入れませんか?

●一年で最も盛り上がる日、ブラックフライデー!豪華なお得さが待っています。

●感謝祭後の熱いセール!ブラックフライデーでお得にショッピングしよう!

●一攫千金のチャンス到来!ブラックフライデーセールで夢中なし購入を♪

●最大規模のセール、ブラックフライデーに遊びに出かけよう!

●ブラックフライデーだけの特別なオファー!今すぐ新しいお買い物体験を。

●年末商戦目前!ブラックフライデーセールで節約して準備しましょう。

●買いたかった商品、ブラックフライデーなら断然おトクにGet!

●ブラックフライデースペシャルセール!必見のお得感を体感せよ!

キャッチコピー生成で入力した内容

サービス名:ブラックフライデー
サービスの説明:ブラックフライデー(Black Friday)とは、アメリカの祝日「感謝祭(11月第4木曜日)」の翌日金曜日のこと。
アメリカ最大規模のセール「クリスマスセール(ホリデーシーズン)」の初日にあたる日で、ブラックフライデーは、小売業者、大型店舗にとって、顧客に素晴らしいお得なセールを提供することで、年に一番の売上高を記録する、店側にとっても重要な日です。
ほとんどの人は、最初のクリスマスプレゼントを購入しはじめる瞬間でもあります。
日本でも11月は年末商戦を控えて売り上げが伸び悩むため、消費喚起を狙って、ブラックフライデーのセールが開催されるようになった。
日本の場合、感謝祭に類似する祝日である勤労感謝の日(11月23日)にあわせて、あるいは冬物ニーズが高まる二十四節気の一つ・小雪(11月21日頃)にあわせて実施されることが多く、アメリカの「ブラックフライデー」より1週間程度早いことが多い。
文章の雰囲気:丁寧

1回の生成で、8~10個のキャッチコピーが作られます。
Catchyで作られたキャッチコピーは、入力したサービス名とサービスの説明を元に作られるため、入力した文章に含まれる単語の組み合わせで出来上がっているものが多いです。
また、入力した文章に含まれない単語であっても、AI機能で最適だと考えられた単語が使われていたりもします。

▽生成されたキャッチコピーの中で、入力した文章に含まれない単語
・超おトク
・買い物
・豪華
・遊び
・特別
など

このキャッチコピーを活用できる場面としては、
〇SNS広告の投稿文章または画像
〇サイトのトップに入れる(トップ画像に入れてもOK)
〇サイトのタイトル
〇メルマガの件名
〇ブログのタイトル
こんな場面で活用できます。

また、イメージに合うキャッチコピーがこの中になければ、組み合わせて使うのもOK!

例えば、
●ブラックフライデー!超おトクなセールが開幕。お買い物のチャンスをお見逃しなく!

●一年で最も盛り上がる日、ブラックフライデー!豪華なお得さが待っています。

この2つを組み合わせて、

〇一年で最も盛り上がる日、ブラックフライデー!お買い物のチャンスをお見逃しなく!

このような、新しいキャッチコピーを自分で作ることも可能です。

また今回の場合、生成されたキャッチコピーの中に『一攫千金のチャンス到来!ブラックフライデーセールで夢中なし購入を♪』のように少し分かりづらい為、使用することが難しいキャッチコピーが生成されることがあります。
このように、必ずしも全て完璧なキャッチコピーが作られるわけではないため、複数あるキャッチコピーから最適なものを選択または組み合わせるのが良いでしょう。

キャッチコピーを選ぶ、新たに作る。
キャッチコピーの可能性を広げてくれるのがCatchyです。

Catchyはこんな業種におすすめです

Catchyでは、今回の“ブラックフライデー”のようなセールのキャッチコピーを自動的に作ることができます。

そのため、
・ネット通販サイト
・デパート
・衣料品店
・子ども用品店
・家電販売店
などの業種におすすめです。

セールを開催する広告を打ち出す時のキャッチコピーを考える時に使ったり季節ごとの商品の販売の広告を打ち出す時に使うといいでしょう。

ブラックフライデーについて、AIでキャッチコピーをつくってみたのまとめ

Catchyで作成した“ブラックフライデー”のキャッチコピーはいかがでしたか?

キャッチコピーの生成は、サービス名とサービス説明を入れるだけでとても簡単ですが、非常に精度の高いキャッチコピーが複数作られるためとても便利ですね。

一からキャッチコピーを考える時間を節約できるため、ホームページ・広告・資料・メールの文章をより効率的に作ることが出来るようになります。

ぜひ皆さんも、CatchyのAIキャッチコピー作成を試してみてくださいね。

また、販促工房株式会社では、エステサロンをはじめとした美容関係のキャッチコピー等作成サポートをしています。
●自分でキャッチコピーを作るのが苦手だ
●いい感じのキャッチコピーが思いつかない
●キャッチーの使い方がよくわからない
など、キャッチコピーでお困り事がある方は、ぜひ販促工房株式会社にご相談くださいね。

https://business.sp-factory.site/keihi
https://business.sp-factory.site/line
https://business.sp-factory.site/ihin
https://attrait.shop/
https://peraichi.com/landing_pages/view/hansokurink
https://attcus.pro/inquiry-form/
シェアをして友達にも知らしたげよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です