全国でペライチを使ったホームページ作成講座開催

AIライティングCatchy(キャッチー)で“防災グッズ”のキャッチコピーを作ってみた!活用についてもご紹介

時代はキャッチコピーもAIに。

Catchy(キャッチー)は、サービスの内容を入力するだけで、自動的にキャッチコピーをはじめとした文章を作成してくれるAIライティングアシスタントツールです。

一からキャッチコピーを作るのではなく、作られた複数のキャッチコピーの中から最適なものを選択することができるため、ホームページ・広告・資料・メールなどの文章をより効率よく作成することができます。

今回はそんなCatchyを使って、“防災グッズ”のキャッチコピーを作ってみました。
どんなキャッチコピーが作られるのか、どんなところに活用できるのかなど、ご紹介していきますね。

Catchyで作成された“防災グッズ”のキャッチコピーはこちら

●防災週間です:どんな緊急事態にも対応できるようにしましょう。

●防災グッズで万が一に備えよう。

●準備不足で捕まらないように:防災グッズを買いだめしておく。

●安全第一:この防災の日に気をつけること。

●効果的な計画で、災害の一歩先を行く。

●適切な防災対策で家族の未来を守る。

●緊急時に確実に生き残るために:適切な物資を用意する。

●反応的でなく、積極的に:より安全な明日のために、今日から計画・準備しましょう。

●防災週間には、常に情報を入手し、安全を確保しましょう。

●小さな備えは大きな力になる:どんなことにも対応できるようにしましょう。

キャッチコピー生成で入力した内容

サービス名:防災グッズ

サービスの説明:毎年9月1日は防災の日で、防災の日を中心とした1週間が防災週間となっています。防災グッズの準備や点検を行い、家族で防災や防災グッズについて話し合いをするなどしましょう。防災の日とは、「政府、地方公共団体等関係諸機関をはじめ、広く国民が台風高潮、津波、地震等の災害についての認識を深め、これに対処する心構えを準備する」こととした日本の記念日です。 毎年9月1日の防災の日を中心とし、8月30日から9月5日までを防災週間として、防災訓練などの国民活動が行われます。防災グッズは主に『衣』『食』『住』『情報』の四つに分かれてます。

まず災害が真冬に起こることを想定し、暖かいブランケットや寝袋を用意しましょう。圧縮された毛布や軽くてコンパクトな物など、多様な物があります。非常食や飲料の量は、1週間分が目安です。近年は非常食の種類が豊富にあるため、日ごろの食生活に近い物を選ぶと日常と違う環境でも無理なく食べられるでしょう。懐中電灯を常備している人は多いですが、注意したいのが乾電池です。いざというときに電池切れで使用できないことがないように、乾電池も備蓄しておきましょう。災害時は、情報収集が肝心です。

文章の雰囲気:丁寧

1回の生成で、8~10個のキャッチコピーが作られます。
Catchyで作られたキャッチコピーは、入力したサービス名とサービスの説明を元に作られるため、入力した文章に含まれる単語の組み合わせで出来上がっているものが多いです。
また、入力した文章に含まれない単語であっても、AI機能で最適だと考えられた単語が使われていたりもします。

▽生成されたキャッチコピーの中で、入力した文章に含まれない単語
・緊急事態
・万が一
・安全第一
・効果的
・防災対策
など

このキャッチコピーを活用できる場面としては、
〇SNS広告の投稿文章または画像
〇サイトのトップに入れる(トップ画像に入れてもOK)
〇サイトのタイトル
〇メルマガの件名
〇ブログのタイトル
こんな場面で活用できます。

また、イメージに合うキャッチコピーがこの中になければ、組み合わせて使うのもOK!

例えば、
●防災週間です:どんな緊急事態にも対応できるようにしましょう。

●適切な防災対策で家族の未来を守る。

この2つを組み合わせて、

〇防災週間です!防災対策で家族の未来を守ろう

このような、新しいキャッチコピーを自分で作ることも可能です。

また今回、生成された『準備不足で捕まらないように:防災グッズを買いだめしておく。』
のような少し違和感のあるキャッチコピーが生成されることがあります。
このように、必ずしも全て完璧なキャッチコピーが作られるわけではないため、複数あるキャッチコピーから最適なものを選択または組み合わせるのが良いでしょう。

キャッチコピーを選ぶ、新たに作る。
キャッチコピーの可能性を広げてくれるのがCatchyです。

Catchyはこんな業種におすすめです

Catchyでは、今回の“防災グッズ”のような防災週間のキャッチコピーを自動的に作ることができます。

そのため、
・ネット販売
・ホームセンター
・防災用品・防災グッズ専門店
・家電量販店
・アウトドアショップ
などの業種におすすめです。

防災週間の広告や特集のチラシのキャッチコピーを作る時に使ったり、SNSの投稿原稿を作る時のキャッチコピーを作る時につかうといいでしょう。

防災グッズのキャッチコピー作成のまとめ

Catchyで作成した“防災グッズ”のキャッチコピーはいかがでしたか?

キャッチコピーの生成は、サービス名とサービス説明を入れるだけでとても簡単ですが、非常に精度の高いキャッチコピーが複数作られるためとても便利ですね。

一からキャッチコピーを考える時間を節約できるため、ホームページ・広告・資料・メールの文章をより効率的に作ることが出来るようになります。

ぜひ皆さんも、CatchyのAIキャッチコピー作成を試してみてくださいね。

また、販促工房株式会社では、エステサロンをはじめとした美容関係のキャッチコピー等作成サポートをしています。
●自分でキャッチコピーを作るのが苦手だ
●いい感じのキャッチコピーが思いつかない
●キャッチーの使い方がよくわからない
など、キャッチコピーでお困り事がある方は、ぜひ販促工房株式会社にご相談くださいね。

https://incorporation-step.hp.peraichi.com/
https://attrait.shop/
https://peraichi.com/landing_pages/view/hansokurink
https://attcus.pro/inquiry-form/
シェアをして友達にも知らしたげよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です