全国でペライチを使ったホームページ作成講座開催

年末年始の休みは早めに決めてお知らせをしましょう

こんにちは、笹野です。

実はつい先日、弊社スタッフから
「年末年始の休みはいつからいつまででしょうか?」
という質問をもらいました。

僕はハッと、

「まだ年末年始の休みを決めていなかった!」

すぐに年末年始の休みの期間を決めて、スタッフにもお返事をしました。

さて、皆さんは、年末年始の休みの期間を決めていますでしょうか?

弊社のように、スタッフが年末年始の休業を把握しておきたいというのはもちろん
お客様や、仕事の取引先様も
早めに年末年始の休業を知っておきたいと思っています。

〇年内いつまで仕事を依頼することができるのか
〇年始はいつから仕事が始まるのか
〇年末年始、いつなら連絡ができるのか

こんなところを知りたいのです。

仕事のやり取りをする上でも
年末年始の休みをお知らせしておくことはとても大切です。

もしまだ、年末年始の休みを決めていない方がいらっしゃいましたら
ぜひ、早めに期間を決めてお知らせをすることをおすすめいたします。

年末年始休業のお知らせ 例文

年末年始の休業のお知らせ

平素は○○(会社名)をご愛顧いただきまして
誠にありがとうございます。

○○(会社名)では、下記の通り年末年始の休業日とさせていただきます。
皆さまには大変ご迷惑をおかけいたしますが、
ご了承いただきますようお願い申し上げます。

■年末年始休業日
0000年00月00日(〇)~0000年00月00日(〇)

※0000年00月00日(〇)より、通常営業を開始いたします。
※休業期間中のお問い合わせにつきましては、0000年00月00日(〇)以降ご連絡させて頂きます。

年末年始のお知らせの際には、こちらの例文もご参考にしてくださいね。

また、年末年始の休みをしっかり定めてお知らせをすることは
仕事と休みのメリハリをつける役割もあります。

お休みの日はしっかりと休息を取り
仕事が始まった時に良いパフォーマンスを提供できるようにしましょうね。

https://w7xu9.hp.peraichi.com/
https://peraichi.com/landing_pages/view/hansokurink
https://attcus.pro/inquiry-form/
シェアをして友達にも知らしたげよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。