全国でペライチを使ったホームページ作成講座開催

おすすめのペライチテンプレート“ワクチン接種_予約”はこんな風に使おう♪

ペライチのおすすめなメリットの一つとして、おしゃれで使い勝手の良いテンプレートがたくさん揃っていることが挙げられます。

テンプレートを使うと、内容を自分仕様に変えるだけで簡単にページが出来てしまうので、うまく活用すると作業効率がグッと上がるんですね。

今回はペライチテンプレートの中の、「ワクチン接種_予約」というテンプレートについて詳しく説明していきます。ペライチのマニュアル代わりにご利用くださいね。

あなたのお仕事・業種にピッタリのテンプレートは何かを見つけてみましょう。

おすすめのペライチテンプレート「ワクチン接種_予約」の特徴

「ワクチン接種予約」のテンプレートは、病院・クリニック等で行うワクチン接種予約向けに作られたテンプレートで、ワクチン接種の案内・問い合わせにも使えるデザイン構成になっています。

このテンプレートは、契約プランに関わらず誰でも無料で使用可能です。
ただし、フォームを利用する場合は、ライトプラン以上かオプション契約(フォーム設置:月額1,100円(税込))をする必要があります。

実際のテンプレートを見ながら、テンプレートの特徴を説明していきますね。

ペライチでコロナワクチンの受付ページを

トップの画像には、サンプルのように新型コロナウイルスのワクチン接種などの、何を摂取できるのかということをしっかり記載しましょう。サンプルのように詳しくはこちらのページをご参照の上、ご予約ください。と補足説明があるよ良いですね。注意やお願いなどもトップに記載しておきたいところです。

次のような写真でもいいですね。

・ワクチン接種を受ける人々の笑顔
ワクチン接種は健康や安心を守るための重要な手段です。人々が笑顔でワクチンを受ける様子は、ポジティブなイメージを伝えることができます。

・医療従事者がワクチンを接種する写真
医療従事者はワクチン接種を行う重要な役割を果たしています。彼らがワクチンを接種する様子を写真にすることで、信頼性や安心感を与えることができます。

・ワクチンの瓶や注射器の写真
ワクチンの瓶や注射器は、ワクチン接種の象徴となるアイコン的な要素です。これらの写真は、ワクチン接種の重要性を強調することができます。

具体的なホームページのコンテキストに合わせて適切な写真を選んでください。

ペライチでコロナワクチンの説明

次のブロックには、ワクチン接種についての詳細を載せることができます。
何月何日から接種の予約が開始されるのかを記載していきましょう。

詳細を載せる事で次のような効果もあります。

・情報提供の充実
ワクチン接種に関する詳細な情報を提供することで、訪問者は自身や家族の健康についてより正確な知識を得ることができます。適切な情報は、ワクチン接種の重要性や効果、副作用、接種場所やスケジュールなど、訪問者が知りたい情報にアクセスする手助けとなります。

・信頼性の向上
詳細な情報は、ワクチン接種のプロセスや科学的根拠に基づいていることを示す重要な要素です。訪問者は、信頼性のある情報源から得られた情報に基づいて意思決定をすることを望んでいます。ホームページが信頼性のある情報を提供することで、ワクチン接種に対する信頼感が高まり、訪問者が積極的にワクチン接種を検討する可能性が高まります。

・質問や懸念の解消
詳細な情報が提供されることで、訪問者は自身の疑問や懸念に対して具体的な回答を見つけることができます。接種の手続きや予約方法、副作用や禁忌事項などに関する疑問や心配事を明確に解決することで、訪問者の不安を軽減し、ワクチン接種に対する理解と受け入れを促すことができます。

これらの効果は、訪問者がワクチン接種に関する情報を簡単にアクセスできるようにすることで実現されます。詳細な情報の提供は、ワクチン接種の啓発と普及に貢献する重要な要素です。

WEB予約ボタンも設置できるので、合わせて活用しましょう。電話でも予約ができるようにすると、よりお客様に親切ですね。高齢者の方やネットの操作が苦手な方も少なからずいらっしゃいますから。どちらからでも予約できるのはいいですよ。

ペライチでワクチン摂取の説明

次のブロックには、ワクチン選手の来られる方のへ向けて、持ち物や注意事項を載せることができます。

サンプル画像のように
1、ワクチン接種券
2、予診票
3、本人確認書類など
持参してもらいたい物を詳細に記載しましょう。注意事項や付き添いの方に関してのことなどを記載してもいいですね。

次のような効果もあります。

・安全性とリスクの認識
注意事項を明示することで、ワクチン接種に関連する潜在的なリスクや副作用に対する訪問者の認識を高めることができます。ワクチン接種は一般的に安全ですが、個人によっては特定の状況や健康状態に応じて制約や注意が必要な場合があります。注意事項を明示することで、訪問者が自身のリスクを理解し、安全な意思決定を行うことができます。

・問い合わせや相談の促進
注意事項の明示は、訪問者が質問や懸念を持った場合に適切な対応を受けるための手助けとなります。ホームページ上で注意事項を明確に提示することで、訪問者は疑問や不安を抱えた際に問い合わせフォームや連絡先を見つけやすくなります。これにより、迅速かつ適切な対応が行われ、訪問者の信頼性と満足度が向上します。

・法的コンプライアンスの確保
ワクチン接種には国や地域の法的要件や規制が存在する場合があります。注意事項の明示により、ホームページが法的なコンプライアンスを遵守していることが示されます。これにより、ホームページ運営者は法的なリスクを低減し、信頼性と信頼度を向上させることができます。

注意事項の明示は、ワクチン接種に関する情報の透明性と正確性を確保する重要な要素です。訪問者が情報を総合的に評価し、ワクチン接種についての明確な意思決定を行うことができるようになります。

ペライチで作るフローチャート

次のブロックには、当日の流れを載せることができます。
サンプルのように
Step1 医師による問診
Step2 ワクチン接種
Step3 ○○分経過観察など
患者様が迷わないように、分かりやすく記載しておきたいですね。

当日の流れを載せると次のような効果もあります。

・接種者の準備と安心感の向上
当日の流れを詳細に載せることで、接種者は接種日に備えて必要な準備をすることができます。接種場所や時間、必要な書類や持ち物などが明確に示されることで、訪問者はスムーズな接種体験を実現するために必要な手続きや物品を事前に準備することができます。これにより、接種者の安心感が高まり、円滑な接種プロセスが期待できます。

・待ち時間の軽減と効率化
当日の流れを提示することで、接種者は接種場所での待ち時間や手続きに関する情報を事前に把握することができます。予約や受付のプロセス、予想される待ち時間の長さなどが明示されることで、接種者は適切なタイミングで到着し、待ち時間を最小限に抑えることができます。また、接種スタッフも効率的なスケジュール管理が可能となり、多くの接種者を円滑に対応することができます。

・緊急事態や重要な連絡の伝達
当日の流れには、突発的な状況や重要な連絡事項を含めることができます。例えば、接種場所の変更や時間の変更、特定の要件や注意事項の追加などがある場合、ホームページ上で明確に伝えることができます。これにより、接種者は最新の情報にアクセスでき、追加の手続きや対応が必要な場合に備えることができます。緊急事態にも迅速に対応できるため、接種者とのコミュニケーションが円滑化します。

これらの効果により、接種者はスムーズな接種体験を実現することができます。ホームページ上で当日の流れを明示することで、接種者と接種スタッフの間のコミュニケーションや手続きの円滑化にします。

ペライチでアクセス情報の入れ方

次のブロックには、医院やワクチン接種会場へのアクセス情報を載せられます。

・接種場所の詳細
ホームページ上で接種場所の正確な住所や地図、アクセス方法(公共交通機関や駐車場の情報)を提供します。接種者が接種場所をスムーズに見つけるために必要な情報を明示します。

・接種日時の案内
ホームページ上で接種日時の詳細を提供します。予約の確認や変更、キャンセルに必要な情報や手順を説明します。また、特定の接種日時に関連する注意事項や要件がある場合は、それを明示します。

・予約システムへの案内
ホームページ上で予約システムへのリンクやアクセス方法を提供します。接種者は予約をするためのオンラインフォームや予約電話番号に簡単にアクセスできるようにします。予約手続きに必要な情報(個人情報や保険情報など)も明示します。

・必要な書類や持ち物の案内
接種当日に必要な書類や持ち物のリストを提供します。たとえば、身分証明書、健康保険証、予約確認書、アレルギー情報などが必要な場合、それを明示します。接種者は予め必要なものを用意することができます。

・緊急連絡先の提供
接種当日に緊急の連絡が必要な場合、ホームページ上で適切な連絡先(電話番号やメールアドレス)を提供します。接種者は問い合わせや連絡が必要な場合に迅速かつ適切な対応を受けることができます。

これらのアクセス案内の項目は、接種者がスムーズかつ円滑にワクチン接種を受けるために必要な情報を提供するために重要です。接種者がホームページ上で必要な情報に簡単にアクセスできるようにすることで、接種の満足度と効率が向上します。

患者様に来院していただかなければならない為、入力間違いには注意しましょうね。
関連情報も一緒に載せることができるので市や県の新型コロナウイルスのワクチン接種に関するリンクを載せてもいいですね。

ペライチのお問い合わせフォームの使い方

最後のブロックには、問い合わせフォームを設置してあります。
入力項目は自由にカスタムすることができるので、必要な情報に合わせて入力項目を選択してくださいね。

次のような項目があるといいでしょう。

・名前
接種者のフルネームを入力する欄です。個別の識別と返信時の呼び名に使用されます。

・メールアドレス
接種者が連絡を受けるためのメールアドレスを入力する欄です。回答や返信が送信されるメールアドレスとなります。

・電話番号
接種者の連絡先電話番号を入力する欄です。緊急時や迅速な対応が必要な場合に使用されることがあります。

・問い合わせ内容
接種者が伝えたい質問や要望、懸念事項などを具体的に記述する欄です。詳細な情報を提供することで、適切な対応ができます。

・予約に関する情報
もし予約に関する問い合わせや変更をする場合、予約日時や予約番号などの情報を入力する欄があると便利です。

・セキュリティ確認
スパムや自動化された送信を防ぐために、接種者にキャプチャやセキュリティコードを入力してもらう欄があると安全性が向上します。

これらの項目は一般的なお問い合わせフォームの例です。ただし、ワクチン接種ホームページの特定の要件や目的に応じて、さらに追加の項目が必要となる場合もあります。ホームページの管理者は、接種者との円滑なコミュニケーションを実現するために、最適な項目を選択することが重要です。

※ただし、フォームを利用する場合は、ライトプラン以上かオプション契約(フォーム設置:月額1,100円(税込))をする必要があります。

ペライチテンプレート「ワクチン接種_予約」はこんな人におすすめ

「ワクチン接種予約」テンプレートは、ワクチン接種予約向けに作られたテンプレートですが、他の業種にも応用することができます。

・定期健診
・各種ワクチン接種
・診察予約
など・・・

ペライチテンプレート「ワクチン接種_予約」まとめ

ペライチテンプレートのおすすめの使い方まとめ

おすすめの「ワクチン接種_予約」テンプレートはいかがでしたか?

シンプルで分かりやすいテンプレートでしたね。ワクチン摂取に関しては自治体ごとに対応がちがいますので、情報内容は気をつけて取り扱いください、また、他にも色んな予防接種などにも活用できるでしょう!

ぜひこちらのペライチテンプレートを試してみてください。

販促軍師 笹野

ペライチの愛知県代表サポーターをやっている、販促工房の笹野です。 今回はコロナワクチン摂取予約などに使える、テンプレートのご紹介でした。 いかがでしたか? 使い方を工夫すると無限の可能性がでますので、いろいろ試してみてくださいね。

https://business.sp-factory.site/keihi
https://business.sp-factory.site/line
https://business.sp-factory.site/ihin
https://business.sp-factory.site/fortuneteller
https://business.sp-factory.site/profile
https://business.sp-factory.site/ebay
https://business.sp-factory.site/study
https://attrait.shop/
https://peraichi.com/landing_pages/view/hansokurink
https://attcus.pro/inquiry-form/
シェアをして友達にも知らしたげよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です