全国でペライチを使ったホームページ作成講座開催

北浜グローバル経営(大阪)が倒産!コロナ補助金特需の影に潜む教訓

販促軍師

こんにちは、愛知県豊橋市を拠点として全国の中小企業の皆さんの、集客と販売促進のサポートを、デザイナーとコンサルタント両方の視点でサポートしている、販促工房の笹野です。

大阪に拠点を置く北浜グローバル経営株式会社が、
突如倒産したことが判明しました。

ショッキングなニュースが飛び込んできた
同社は国が新型コロナウイルス対策として支援した
補助金を活用し、急成長を遂げていました。

しかし、補助金の案件遅延による入金遅れが
資金繰りを悪化させ、
とうとう倒産の憂き目に遭ってしまったのです。

倒産の原因を考える

倒産の原因は、補助金特需に沸く市場に乗じて
事業を拡大したことによる資金繰り悪化とみられています。

補助金の獲得によって売上は急増しましたが、
それに伴い人件費や家賃などの固定費も膨らみました。
本来であれば、補助金の入金によって
これらの費用を賄う計画だったのでしょうが、
案件遅延により入金が滞り、
資金ショートに陥ってしまったと考えられます。

この事例は、急成長の陰に潜むリスクを
浮き彫りにしています。

成長企業であっても、資金繰り管理を怠れば、
あっという間に経営破綻に追い込まれてしまうのです。

特に、補助金のような外部資金に大きく
依存している場合は、入金の遅延などの
リスクを常に意識し、
綿密な資金計画を立てることが重要です。

北浜グローバル経営の倒産は、経営者にとって多くの教訓を残しています。

事業拡大は慎重に行うこと

短期的な利益に目がくらみ、
無謀な事業拡大に踏み出すことは禁物です。

市場環境や財務状況を十分に分析し、
リスクを最小限に抑えながら、
着実に成長していくことが重要です。

資金繰りを常に意識すること

売上や利益だけでなく、キャッシュフローも
しっかりと管理しましょう。

特に、固定費の増加には注意が必要です。

外部資金に依存しすぎないこと

補助金などの外部資金はあくまでも
補助的な手段であり、経営の基盤と
なるものではありません。

自社の力で利益を上げられる体制を
構築することが重要です。

今回の事件は、補助金制度の運用にも
課題を投げかけています。

案件審査の厳格化は不正受給防止に繋がる反面、
入金の遅延による資金繰りの悪化という
問題も発生しています。

今後は、審査の迅速化と支援企業への
丁寧なサポート体制の構築が求められるでしょう。

北浜グローバル経営の倒産は、
決して他人事ではありません。
今回の事件を教訓に、
企業経営者は常にリスクを意識し、
健全な財務管理を徹底していくことが重要です。

参考情報:

Yahoo!ニュース記事: https://news.yahoo.co.jp/articles/63588b3e126ecafa52e667b0ae3129bd849dff7d

https://business.sp-factory.site/keihi
https://business.sp-factory.site/line
https://business.sp-factory.site/ihin
https://business.sp-factory.site/fortuneteller
https://business.sp-factory.site/profile
https://business.sp-factory.site/ebay
https://business.sp-factory.site/study
https://attrait.shop/
https://peraichi.com/landing_pages/view/hansokurink
https://attcus.pro/inquiry-form/
シェアをして友達にも知らしたげよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です