全国でペライチを使ったホームページ作成講座開催

賃上げに取り組む事業者に朗報!最低賃金引き上げの支援が強化されます!

こんにちは、笹野です。
経済全体の活性化を目指す動きのひとつとして最低賃金の引き上げに取り組む事業者も多くありますが、事業者によってはコスト増加の負担が増えるなど、新たな課題を生む可能性もあります。

このような背景を受け、「最低賃金引き上げを受けて賃上げに取り組む皆様へ」と題されたチラシが、昨年11月以来に更新!

新たな助成金や補助金の活用方法が示されました。
今回は、その内容について詳しく解説し、賃上げに取り組む際に役立つ情報をお伝えしますね。

助成金と補助金の違い

まず、助成金と補助金の違いについて簡単におさらいしていきましょう。

助成金は、特定の条件を満たした企業や事業者に対して、政府や自治体が支給する資金です。条件を満たして申請すれば、基本的に受け取ることができます。

一方、補助金は、特定のプロジェクトや活動に対して支給されるもので、競争的な性質を持つことが多く、必ずしも全ての申請者が受け取れるわけではありません。

助成金と補助金を組み合わせて利用できる?

今回のチラシの更新によって、助成金と補助金を組み合わせて利用することが可能になりました。
これにより、賃金引き上げに取り組む企業や事業者にとって、より柔軟な資金調達が可能になりました。

対象となる助成金と補助金は、

・業務改善助成金
・キャリアアップ助成金
・ものづくり補助金
・IT導入補助金

の4種類です。
※詳しい内容はホームページをご確認ください。

助成金と補助金の組み合わせをすることで、これまでは支払い額が発生していたところを、場合によってはプラスにすることも可能になりました。

また、補助金申請に関しては、賃上げに取り組むことで「賃上げ加点」が加わり、採択されやすくなるメリットがあります。

皆さんの中でもし賃上げの取り組みをしている、これから賃上げに取り組むという事業者さまがいらっしゃいましたら、ぜひ助成金と補助金の両方の活用をご検討くださいね。

まとめ

最低賃金の引き上げは、労働者にとっては歓迎すべき変化ですが、企業や事業者にとってはコスト面での負担が増加する可能性があります。今回のチラシの更新によって、助成金と補助金を組み合わせて活用する方法が示されたことで、賃上げに取り組む企業にとっての支援が強化されました。

賃上げに伴う資金的な課題に直面している企業や事業者は、助成金と補助金の活用方法をよく理解し、適切に申請することで、賃上げに取り組む際の負担を軽減することができます。新たな助成金や補助金の情報は、政府や自治体のウェブサイトで確認できますので、定期的にチェックして、自社にとって最適な活用方法を見つけてくださいね。

https://akarimirai.hp.peraichi.com/seminar240523
https://business.sp-factory.site/keihi
https://business.sp-factory.site/line
https://attrait.shop/
https://peraichi.com/landing_pages/view/hansokurink
https://attcus.pro/inquiry-form/
シェアをして友達にも知らしたげよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です