全国でペライチを使ったホームページ作成講座開催

営業苦手派でも大丈夫!効果的な営業手法の選び方

xr:d:DAF8RMb0JJg:166,j:6356129439839045908,t:24041020
販促軍師

こんにちは、愛知県豊橋市を拠点として全国の中小企業の皆さんの、集客と販売促進のサポートを、デザイナーとコンサルタント両方の視点でサポートしている、販促工房の笹野です。

多くの人が営業を苦手と感じています。
私もその一人です。

しかし、新しい仕事を獲得し続けなければ、会社は生き残れません。できないことについて言い訳をするのではなく、できることをしっかり行いましょう。

さて、営業の手法にはどのようなものがあるのでしょうか。詳しく見ていきましょう。

営業の手法は大きく二つ

その1:アウトバウンド営業

企業側から見込み顧客へアプローチする手法です。能動的に顧客を開拓していくため、多くの顧客と接点を持つことができます。

代表的な手法:
●テレアポ: 電話で顧客にアプローチし、アポイントを獲得する。
●訪問営業: 直接顧客を訪問し、商品やサービスを提案する。
●メール営業: メールで顧客にアプローチし、商品やサービスを提案する。
●DM営業: 郵便やダイレクトメールで顧客にアプローチする。
●広告営業: 広告媒体を利用して顧客にアプローチする。

その2:インバウンド営業

顧客側から企業へアプローチを促す手法です。顧客が主体的に情報収集を行うため、購買意欲の高い顧客と接点を持つことができます。

代表的な手法:
●Webサイト: 魅力的なWebサイトを構築し、顧客を誘導する。
●SEO対策: 検索エンジンで上位表示されるように対策し、顧客の流入を促進する。
●SNS: ソーシャルメディアを活用して顧客とコミュニケーションを図る。
●コンテンツマーケティング: ブログ記事やホワイトペーパーなど、顧客にとって有益なコンテンツを提供する。
●セミナー: 顧客にとって有益なセミナーを開催し、顧客を獲得する。

簡単に言えば、自分から仕掛けていく営業手法なのか
お客様の方から来てもらう営業手法なのか
この違いですね、みなさんはどっちが得意ですか?

営業手法はどう選ぶのか? 選び方の考え方

顧客のニーズ

顧客のニーズが顕在化している場合は、アウトバウンド営業が有効です。一方、顧客のニーズが潜在化している場合は、インバウンド営業が有効です。

自社の強み

自社の強みが商品やサービスの品質であれば、インバウンド営業が有効です。一方、自社の強みが営業力であれば、アウトバウンド営業が有効です。

予算

アウトバウンド営業は、人件費や広告費などのコストがかかります。一方、インバウンド営業は、初期費用はかかりますが、長期的に見るとコストを抑えることができます。

様々な要因があります、多角的に考えて動かしていきましょう

営業苦手派でも大丈夫!効果的な営業手法の選び方のまとめ

営業を苦手とする人でも成功できる効果的な営業手法の選び方には、アウトバウンド営業とインバウンド営業の二つの主要なアプローチがあります。アウトバウンド営業では、企業が能動的に顧客にアプローチし、テレアポや訪問営業などを通じて関係を構築します。一方、インバウンド営業は、魅力的なWebサイトやコンテンツマーケティングなどを通じて顧客からの自発的なアプローチを促します。営業手法の選択は、顧客のニーズ、自社の強み、予算などを考慮し、効果的にアプローチすることが重要です。適切な営業手法を選択することで、苦手意識を持つ人でも効率的に新しいビジネス機会を創出できるようになります。

https://akarimirai.hp.peraichi.com/seminar240523
https://business.sp-factory.site/keihi
https://business.sp-factory.site/line
https://attrait.shop/
https://peraichi.com/landing_pages/view/hansokurink
https://attcus.pro/inquiry-form/
シェアをして友達にも知らしたげよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です