全国でペライチを使ったホームページ作成講座開催

記憶に残るセミナークロージングフレーズ

販促軍師

こんにちは、愛知県豊橋市を拠点として全国の中小企業の皆さんの、集客と販売促進のサポートを、デザイナーとコンサルタント両方の視点でサポートしている、販促工房の笹野です。

セミナーやワークショップを開催する際、最も印象に残る瞬間の一つは、その終わりの言葉です。終わりよければ全てよし、とも言いますが、これはセミナーにおいても同様です。参加者にとって最後の言葉は、その日の経験をどのように記憶に留めるかを大きく左右します。

通常、多くの講師や主催者は「これで終了です。お疲れ様でした。」や「今日はありがとうございました。」といった標準的なフレーズを使います。これらはもちろん重要で適切な言葉ですが、もう少し工夫をこらすことで、参加者の心により深く響くメッセージにすることができます。

例えば、「今日は本当にありがとうございました。お帰りの際はお気をつけて、そして今日学んだことを是非、日常生活やお仕事に活かしてみてください。」といった言葉は、参加者に対する感謝の気持ちを示しつつ、学んだことを実生活に応用するよう促します。

さらに、SNSでの共有を促すことは、参加者にとっても主催者にとっても有益です。「今日の感想をSNSで共有していただけると嬉しいです。皆さんの学びの振り返りにもなりますし、私たちもフィードバックとして大変参考になります。」といった言葉は、参加者にアクションを促し、イベントの影響を拡大させます。

最後に、細かな気配りを示す言葉も心に残ります。「忘れ物がないか、もう一度ご確認ください。」といったシンプルな一言も、参加者への思いやりとして大きな価値があります。

セミナーやワークショップを開催する皆さん、終わりの言葉一つ一つに心を込めることで、参加者にとって忘れられない経験を提供することができます。それが次へのステップへの架け橋となり、より多くの人々がイベントに参加する動機付けにも繋がるのです。

セミナークロージングの言葉がけのまとめ

セミナーやワークショップ終了時の言葉は重要です。「今日はありがとうございました。お気をつけて」と感謝を示し、学んだことを実生活に活かすよう促します。SNSでの共有を促すことで、参加者とのつながりを深め、イベントの価値を高めることができます。最後の一言に心を込めることで、記憶に残る経験を提供しましょう。

あなたの次のイベントが、参加者にとって記憶に残る素晴らしいものになりますように。

https://incorporation-step.hp.peraichi.com/
https://attrait.shop/
https://peraichi.com/landing_pages/view/hansokurink
https://attcus.pro/inquiry-form/
シェアをして友達にも知らしたげよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です