全国でペライチを使ったホームページ作成講座開催

初対面でも好印象を与える!敬語と礼儀の基本

販促軍師

こんにちは、愛知県豊橋市を拠点として全国の中小企業の皆さんの、集客と販売促進のサポートを、デザイナーとコンサルタント両方の視点でサポートしている、販促工房の笹野です。

初めましての方と、お会いする時
どのようにお話をしよう、どうすれば好印象を与えられるかな
なんてドキドキする場面ってありますよね

そんなビジネスパーソンの皆様へ
コミュニケーションのマナーに関する
行動指標をお知らせします。

初対面でも好印象を与える3つのポイント

✅3つのポイント!

①初対面の方にタメ口で話すリスク
②「親しき仲にも礼儀あり」の大切さ
③敬語と「さん」づけでのコミュニケーション

①初対面の方にタメ口で話すリスク

初対面の人とのコミュニケーションでは、
親しみやすい口調を避けることが重要です。

特にビジネス環境では、礼儀正しさが不可欠です。

タメ口で話すことは、相手に不快感を与え、
プロフェッショナルな印象を
損なうリスクがあります。

そのため、初めて会う人との会話では、
敬語を使い、相手を尊重する姿勢を
示すことが推奨されます。

これにより、信頼と尊敬を築くことができます。

②「親しき仲にも礼儀あり」の大切さ

「親しき仲にも礼儀あり」という言葉は、
たとえ親しい関係であっても礼儀を
欠かさないことの重要性を教えています。

親密な関係でさえも、相手への敬意を表す
礼儀は欠かせません。

特に社交の場では、この原則はより
顕著であり、深い尊敬と信頼の基礎となります。

この概念を理解し、実践することは、
人間関係を健全に保ち、相互の尊重を
促進するために不可欠です。

親しい間柄であっても、礼儀正しい
態度を常に心がけることが、
長期的な関係の維持に寄与します。

③敬語と「さん」づけでのコミュニケーション

新たに出会った人々との対話において、
敬語を用いることと、「さん」を付けて呼ぶことは、
礼儀正しさと尊敬のマークとして非常に重要です

。このアプローチは、相手に敬意を表し、
快適なコミュニケーションの土台を築きます。

たとえ相性が良く、
すぐに親しみを感じる場合でも、
この初期の礼儀は関係を
深めるための基礎となります。

時間と共に、互いの理解と信頼が深まるにつれ、
自然とより親密な関係に発展するでしょう。

このような礼儀正しいコミュニケーションの習慣は、
どんな関係においても、
相互の尊重と理解を育む基盤となります。

初対面でも好印象を与える!敬語と礼儀の基本のまとめ

コミュニケーションは、
特にビジネスシーンにおいて重要なスキルです。

敬語を用い、相手を尊重することは、
信頼と尊敬を築く基盤となります。

私たちのセミナーでは、
このようなコミュニケーションのマナーを
深く学び、実践していきましょう。

少しの気遣いで、大きな成果が生まれることでしょう。

https://newnisa.hp.peraichi.com/
https://attrait.shop/
https://peraichi.com/landing_pages/view/hansokurink
https://attcus.pro/inquiry-form/
シェアをして友達にも知らしたげよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です