全国でペライチを使ったホームページ作成講座開催

なぜお客様はあの商品を買ったのか?広告の心理学

販促軍師

こんにちは、愛知県豊橋市を拠点として全国の中小企業の皆さんの、集客と販売促進のサポートを、デザイナーとコンサルタント両方の視点でサポートしている、販促工房の笹野です。

ただでさえ多くの広告に囲まれている中、なぜ私たちが、お客様がつい目につく商品を買ってしまうのか、ご存知ですか?

皆さんも経験あるでしょう、テレビCMやネット広告でよく目にしていた商品を、つい手に取ってしまうあの感覚。

広告の心理学3つのポイント

✅3つのポイント!

①人はよく見るものを購入する傾向⏰
②広告の繰り返しでの刷り込み効果
③中小企業もSNSやネット広告で露出を増やす必要性

人はよく見るものを購入する傾向

私たちの消費行動は、周囲の情報や目にする頻度に大きく影響されているのは、多くの人が実感していることでしょう。日常生活の中で繰り返し目にする商品や、多くの人々が手に取っていると認識するアイテムは、自然と私たちの購入リストに載せやすくなります。この背景には、人が集団の意見や行動に影響される心理、いわゆる「共同性の原理」が働いています。

街を歩けば、大型の看板や店頭のディスプレイ、電車の中での広告など、さまざまな場所で商品の宣伝が行われています。これらの情報は、私たちの意識や無意識の中に浸透し、購入の選択肢として頭に浮かびやすくなります。特にSNSの普及により、友人や知人が購入した商品の情報が手軽に手に入るようになり、その影響はさらに大きくなっています。

また、商品が売れていると感じる理由として、他の消費者のレビューや評価が挙げられます。オンラインショッピングが主流となる現代では、商品を手にする前に、他の人々の意見や感想を参考にすることが一般的です。多くの良いレビューや高い評価を受けている商品は、その品質や人気が保証されていると感じ、購入の決断がしやすくなります。

さらに、人は新しいものやトレンドに敏感であり、それを追い求める傾向があります。そのため、流行っていると感じる商品や、多くの人々が話題にしているものは、購入意欲を刺激します。これは、人が社会的な所属感や認知の一致を求める心理からも説明されます。

総じて、私たちの購入行動は、繰り返し目にする情報や、他者の意見や行動に強く影響されることが明らかです。これを理解し、情報の取捨選択を意識的に行うことで、より賢い消費を目指すことができるでしょう。

広告の繰り返しでの刷り込み効果

私たちが日常的に接している広告は、一度見ただけではなく、その繰り返しによって強力な影響を私たちの意識に及ぼしています。テレビCM、ネット広告、電車の中吊り広告など、どれもが私たちの日常の一部として存在し、そのメッセージは継続的に私たちの脳に届けられます。

テレビCMは、番組の合間に短時間で強烈な印象を残すための工夫が凝らされています。その短時間の中での繰り返し放送により、視聴者は商品名やブランド、キャッチフレーズを無意識のうちに記憶してしまいます。そして、ショッピング時にその商品に出会った際、以前のCMの記憶がフラッシュバックし、購入意欲が高まるという現象が生じます。

ネット広告も同様の効果を持っています。特にリターゲティング広告は、ユーザーが一度興味を示した商品やサービスを再度提示することで、購入に至るまでのプロセスを後押しします。ユーザーが何度も同じ広告を目にすることで、その商品やサービスへの興味や信頼が深まります。

電車の中吊り広告も、通勤や通学で毎日のように電車を利用する人々にとっては、避けられない存在です。移動中のひとときを利用して、広告のメッセージを繰り返し目にすることで、その情報がしっかりと頭に残るのです。

このような繰り返しによる刷り込み効果は、消費者の購買行動に大きな影響を与えます。広告は単なる情報提供ではなく、消費者の心理に巧みに働きかけ、その選択を導く強力なツールとなっています。マーケティングの観点からも、この刷り込み効果の理解と活用は極めて重要であり、今後もその効果を最大限に引き出すための研究や試みが続けられるでしょう。

中小企業もSNSやネット広告で露出を増やす必要性

デジタル時代の今、情報は瞬時に全世界に拡散され、消費者との接点も多様化しています。大手企業だけでなく、中小企業や個人事業主もこの流れを逃すわけにはいきません。SNSやネット広告は、その接点の一つとして急速に重要性を増しています。

中小企業や個人事業主がSNSやネット広告での露出を増やすことのメリットは多岐にわたります。まず、低コストでの広告展開が可能です。従来のメディア広告と比べ、SNSやネット広告は相対的に低い予算での運用が可能であり、限られた資源を持つ中小企業や個人事業主にとっても取り組みやすい手段となっています。

また、ターゲットとなる顧客層を絞り込んで広告を配信することができるため、より効果的なマーケティングが可能です。特定の年齢層、興味・趣味、地域など、細かくセグメントを絞り込むことで、求めている顧客に直接情報を届けることができます。

さらに、SNSを活用することで、消費者との直接的なコミュニケーションも実現できます。商品やサービスに関するフィードバックをリアルタイムで受け取ることができるため、改善点や新たなビジネスチャンスを見つけ出すことが可能となります。

露出を増やすことは、消費者の意識の中でブランドや商品が定着する第一歩となります。消費者が購入を検討する際、まずは知っているブランドや商品を思い浮かべることが多いのです。そのスタートラインに立つためにも、中小企業や個人事業主はSNSやネット広告での露出の重要性を認識し、積極的な取り組みを進めるべきです。このようなデジタルマーケティングの活用は、今後のビジネス展開において欠かせない要素となるでしょう。

なぜお客様はあの商品を買ったのか?広告の心理学のまとめ

かがでしたか、取りまとめていきますね

私たちの購入行動は、さまざまな広告や情報に影響されています。具体的には、以下の3つのポイントが挙げられます。

①日常で頻繁に目にする商品や情報は、自然と購入リストに載せやすくなる。これは、「共同性の原理」や社会的な所属感を求める心理から来ています。

②広告の繰り返しは、強力な刷り込み効果を持ち、消費者の心理に深く働きかける。特に、テレビCMやネット広告の繰り返し放送やリターゲティング広告は、購入意欲を高める役割があります。

③デジタル時代では、中小企業や個人事業主もSNSやネット広告での露出を増やす必要がある。これは、低コストで効果的なマーケティングを実現し、消費者との直接的なコミュニケーションを促進するためです。

これらの理解を基に、どのように情報発信をしていくのか
その辺りを考えて、販促活動をしていきましょう。

https://business.sp-factory.site/keihi
https://business.sp-factory.site/line
https://business.sp-factory.site/ihin
https://attrait.shop/
https://peraichi.com/landing_pages/view/hansokurink
https://attcus.pro/inquiry-form/
シェアをして友達にも知らしたげよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です