全国でペライチを使ったホームページ作成講座開催

広告予算の考え方と成功のためのヒント

販促軍師

愛知県豊橋市を拠点として、全国の中小企業のオーナーに集客と販売促進のお手伝いをしている販促工房の笹野です。

今回のテーマは、広告予算(販管費)の考え方です

結構多くの方が、広告にいくら予算をかければいいのか?
なんて事で悩まれる事多いそうなので
簡単な考え方をお見せしていきますね。

広告予算の考え方

考え方を出す前に、暫定的にはなりますが
こんな商品があったらと仮定していきます

販売価格:30万円
仕入れ原価:15万円
目標利益:5万円
販促費:10万円
月間販売目標数:5件

まず、商品の販売価格が30万円と設定されています。これは、お客様が商品を購入する際に支払う金額となります。しかし、この金額だけが企業の収益となるわけではありません。

次に、商品の仕入れ原価が15万円です。これは、商品を製造または取得する際にかかるコストを指します。したがって、販売価格から仕入れ原価を引いたものが、一つの商品に対する粗利益となります。30万円から15万円を引くと、粗利益は15万円となりますね。

さらに、目標として設定された利益が5万円あります。これは、企業が一つの商品を売ることで得たい収益を示しています。

概算の粗利益が15万円ですが、最終的に得たい利益を5万円と考えると
一つの商品を販売するときにつかえる広告費は10万円となります。

最後に、月間の販売目標数が5件と設定されています。これに基づき、月間の販促費は5件 x 10万円 = 50万円と計算されます。

このように、各要素を考慮しながら販売予算を計算することで、企業は効果的な経営判断を下すことができます。販売予算の考え方をしっかりと理解して、ビジネスを成功に導きましょう。

広告予算を決めるために計画を立てよう

広告活動はビジネスにおける重要な要素の一つですが、その予算を設定する際には、いくつかの前提条件を明確にしておく必要があります。まず、商品の仕入れ原価はいくらなのか、また、月間で何件の販売を目指すのか。さらに、1つの商品を販売した際にどれだけの利益を得たいのか。これらの基本的な数字を明確にしておかなければ、正確な広告予算の設定は難しくなります。

皆さんは、これらの基本情報をしっかりと把握していますか?商品の原価を正確に調査し、その上で適切な販売価格を設定しているでしょうか?また、販売目標数や目指す利益を具体的に計算して、戦略的なビジネスプランを立てていますか?

計画を立てることの重要性は言うまでもありません。もし、これらの基本的な情報が不足している状態で広告活動を始めてしまうと、後々の検証が難しくなります。そして、予想外の出費が生じる可能性も高まります。それだけでなく、計画が不十分な状態では、いざという時に迅速な意思決定ができず、ビジネスチャンスを逃してしまうことも考えられます。

そこで、計画を立てる習慣を身につけることが求められます。始める前にしっかりと計画を立て、その後の進行をチェックしながら、必要に応じて修正を加えていく。このサイクルを繰り返し、ビジネスの成功に繋げていきましょう。成功するためには、正確な情報と計画が不可欠です。

広告予算の考え方と成功のためのヒントのまとめ

広告予算の適切な設定は、たくさんの方々が考えるポイントですね。
今回のブログでは、商品の販売価格や仕入れ原価、目標利益などを例に、広告予算の考え方を分かりやすくご紹介させていただきました。具体的な数字を参考に、どのようにして商品の粗利益や広告費を計算するのか、そして月間の販促費をどうやって決めるのか参考にしてみてくださいね。

計画をしっかりと立て、正確な情報を持っていることが、成功への第一歩
いろいろ考えていってみてくださいね

もちろん、悩まれるポイントあれば
販促工房がお手伝いいたしますので
お気軽にご相談ください。

https://akarimirai.hp.peraichi.com/seminar240523
https://business.sp-factory.site/keihi
https://business.sp-factory.site/line
https://attrait.shop/
https://peraichi.com/landing_pages/view/hansokurink
https://attcus.pro/inquiry-form/
シェアをして友達にも知らしたげよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です