全国でペライチを使ったホームページ作成講座開催

令和5年10月1日からステルスマーケティングは景品表示法違反となります。

販促軍師

こんにちは、愛知県豊橋市を拠点として、中小企業・個人事業主さんの集客と販売促進をサポートしている販促工房の笹野です。

広告であるにもかかわらず、広告であることを隠すことがいわゆる「ステルスマーケティング」のお話をしたいと思います。

ステルスマーケティングとは、

ステルスマーケティングは、商品やサービスを宣伝する際に、従来の広告の形式やアプローチから外れ、広告であることを隠す戦略を指します。

つまり、消費者が広告と気付かずに、自然なコンテンツや情報として受け入れることが目的です。この手法は、広告があまりにも明確で厳格な形式に従わず、より洗練された方法で消費者の注意を引こうとするマーケティング戦略です。

例えば、ウェブページ上の記事内に製品やサービスの宣伝を巧妙に取り入れ、読者が広告と気付かないようにすることが一般的な手法です。

ステルスマーケティングは、広告をより魅力的で受け入れやすいものに見せかけることで、効果的なブランドプロモーションを実現する方法として、多くのマーケティングプロフェッショナルによって活用されています。

景品表示法とは、

景品表示法は、消費者を守るための非常に重要な法律です。この法律の主な役割は、商品やサービスの広告において、消費者が誤解されたりだまされたりしないように規制を行うことです。

広告は、私たちの日常生活に欠かせないものであり、商品やサービスの情報を提供する重要な手段です。しかし、不正確な広告や虚偽の宣伝が横行すると、消費者は適切な情報を得られず、誤った決定を下す危険性が高まります。

景品表示法は、これを防ぐために設けられました。この法律は、広告表示における真実かつ適切な情報の提供を奨励し、誇大広告や虚偽の約束を規制することに焦点を当てています。また、景品表示法は、キャンペーンやプロモーションで提供される景品や特典に関するルールも明確に規定しています。これにより、消費者は広告から提供される情報を信頼でき、正確な判断を下すことができるようになります。

要するに、景品表示法は、私たちが商品やサービスを購入する際に信頼性のある情報を提供し、消費者の権利と選択を保護するための法律であると言えます。この法律の存在は、公平で透明な市場環境の維持に貢献しており、消費者にとっては信頼性のある広告情報を受け取る権利を守っています。

消費者は広告であることを理解すること

消費者は、広告を見る際にその本質を理解し、情報を収集して適切な商品選びを行うことが求められます。広告は、商品やサービスの宣伝やプロモーションの手段として広く使用されており、その目的は商品の魅力を引き立て、消費者の興味を引くことです。しかし、消費者が広告に掲載された情報を評価する際に、誇張や誇大表現の存在を認識し、商品選択においてこれらの要素を考慮することが重要です。

つまり、消費者は広告を見る際に、宣伝の色合いを識別し、広告が商品やサービスについてどのような情報を提供しているのかを注意深く検討する必要があります。誇張や誇大表現が含まれている場合、その情報が事実に基づいているかどうかを判断し、実際の商品やサービスについて正確な期待を持つことが重要です。消費者が広告の背後にある意図を理解し、客観的に情報を評価することで、商品選択を賢明に行うことができます。

言い換えれば、広告は一つの情報源であるとともに、消費者が商品やサービスを選択するための手がかりでもあります。消費者は、広告を注意深く検討し、その中に含まれる情報を過度に信じ込まず、誠実な判断を下すことが大切です。広告に掲載された情報は、商品選択においてのひとつの要因に過ぎないため、他の情報源と組み合わせて商品選択を行うことが賢明です。

ステルスマーケティングは広告であることが分からない

ステルスマーケティングは、広告であることが明らかでない方法で商品やサービスをプロモーションする戦略です。このアプローチは、広告としての本来の性質を隠すことを試みるため、消費者が広告であることを気付かずに、情報を受け入れることがあります。この非透明なアプローチは、消費者に誤った認識をもたらす可能性があり、その結果、消費者の選択に影響を与える可能性がある点が問題です。

つまり、ステルスマーケティングは、消費者にとって透明性が不足しているため、広告の本質が分からないまま商品やサービスを評価しなければならない状況を生み出します。このような状況では、消費者は正確な情報に基づいて適切な選択を行うことが難しくなり、誤った認識に導かれる可能性があるため、注意が必要です。

結局のところ、ステルスマーケティングの目的は広告の成功であり、消費者の選択に影響を与える可能性があるため、消費者は広告としての情報と認識する能力を高め、注意深く情報を検討し、自分のニーズに合った選択をすることが重要です。

インターネットからテレビ・新聞などの広告も規制

景品表示法は、広告の内容と方法に対して規制を行う法律であり、その対象は広告全般に及びます。これは、広告が商品やサービスの宣伝を行う手段であるため、消費者の選択に影響を与える重要な要素です。景品表示法は、広告が提供する情報が真実で適切であることを確保し、消費者を守るための法律です。

この法律は、インターネット広告からテレビ、新聞、ラジオなどの伝統的なメディアまで、あらゆる広告媒体を規制の対象としています。つまり、広告はどの媒体で展開されていようとも、景品表示法による基準に合致する必要があります。これにより、消費者は広告の信頼性について、メディアの違いに関係なく一貫性のある情報を受け取ることができます。

景品表示法は、虚偽の宣伝や誇大表現、不正確な情報を規制することで、広告が消費者をだますことを防ぎ、公平で透明な市場環境を維持する役割を果たしています。この法律の適用範囲は幅広く、広告業界において正確で誠実な宣伝活動を奨励し、消費者の権益を保護するための重要な枠組みとなっています。

対象は事業者の広告

景品表示法は、主に事業者や企業による広告に対して規制を行う法律です。つまり、商業的な宣伝や商品のプロモーションを行う企業が提供する広告が、この法律の対象となります。一方、個人の個人的な感想や、テレビのような一般的に広告であることが明らかなものは、景品表示法の規制の対象外です。

景品表示法は、事業者が提供する広告において、正確で消費者を誤解させない情報を提供することを奨励し、消費者の権利を保護することを主要な目的としています。この法律は、消費者に正確な情報を提供し、商品やサービスの購入に関する適切な判断を行う手助けをすることを意図しています。個人の主観的な意見や明確な広告メディア(例: テレビCM)に対しては、規制の対象外となるため、法律の適用範囲が広告業界における事業者に集中しています。

景品表示法は、公平な市場競争環境を促進し、広告業界において正直で誠実な宣伝活動を奨励するための法的枠組みを提供し、消費者の権益を守るために存在しています。

規制の対象は広告主

景品表示法は、基本的に広告主、つまり宣伝する商品やサービスを提供する事業者に対して規制をかける法律です。この法律の主な焦点は、広告を出す企業や事業者自体にあります。彼らは自分たちの広告が正確かつ適切であることを確保する責任があります。

一方、広告主から広告制作を依頼された第三者、例えば広告代理店や制作会社は、通常、景品表示法の規制の対象外です。彼らは広告を制作・実施する側であるため、広告主の指示に従い、その広告が法律に適合するようにする責任がありますが、法律的な責任は広告主にあります。

景品表示法の目的は、正確な情報提供を通じて消費者を守ることであり、広告主にはその情報提供の正確性と適切性を保証する責務があるということです。第三者、つまり広告を制作する専門家は、広告主の意向に従いながら、法律順守に向けた協力を行いますが、法的な規制の主要な対象ではありません。

「詳しくは消費者庁のページを参考ください」
https://www.caa.go.jp/policies/policy/representation/fair_labeling/stealth_marketing/

https://business.sp-factory.site/keihi
https://business.sp-factory.site/line
https://business.sp-factory.site/ihin
https://attrait.shop/
https://peraichi.com/landing_pages/view/hansokurink
https://attcus.pro/inquiry-form/
シェアをして友達にも知らしたげよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です