全国でペライチを使ったホームページ作成講座開催

2023年8月の販促の動きを考えよう!お盆・夏休みを楽しむ準備に、暑さ対策・台風対策も万全に

こんにちは、笹野です。
皆さま5月はいかがお過ごしだったでしょうか?
コロナの対応も変わりまして、人の動きも戻ってきた
そんな5月でしたね

ゴールデンウィークもかなりの人出だった所も多かったようです

さて今回は、2023年8月の販促の動きについて考えていきたいと思います。
今年の8月は、お盆があります。
帰省や旅行など、人の動きも盛んになると予想されます。
また、猛暑も予想されますので
暑さ対策・紫外線対策も必須です。
夏を快適に、そして楽しく過ごせる施策を考えていくのが
ポイントになってきます。

8月に向けて、どんなことに注目して販促を進めていけばいいのか
詳しく見ていきましょう。

子供と一緒にお盆と夏休みを楽しめる工夫を

8月は「お盆」に「夏休み」と、長期休暇があります。

コロナの影響が緩和されてきた今
人の動きも盛んになると予想されます。

・海水浴
・プール
・SUP(サップ)
などのマリンアクティビティをはじめに

・キャンプ
・バーベキュー
・花火大会
・夏祭り
など、様々なアクティビティやイベントが
盛んに行われる予想です。

関係する業種は、ここで売上を一気に上げる時です。

浮き輪や水着、防水ポーチなどのマリンアクティビティ用品や
キャンプ用品・浴衣・花火などの販売強化を行っていきましょう。

飲食業も8月は勝負の時期に!
かき氷やアイスなどの冷たいデザートや
今年はビアガーデンも賑わいをみせると予想されるため
アルコール系の販売・売場強化も行っていくと良いでしょう。

子供と一緒に楽しめるグッズ・子供と一緒に食べられる食べ物
などを多く取り揃えるのが吉です。

お盆帰省を快適にするための
・スーツケース、ボストンバッグ
・モバイルバッテリー
・トラベルピロー
・ハンディファン
・ワイヤレスイヤホン

などの旅行グッズも販売強化していきたいところです。

帰省前の手土産や、帰省後のお土産など
土産物も普段より多く取り揃えたり
お盆・夏休み限定の品を販売していくのも良いでしょう。

猛暑に負けるな!暑さ対策・紫外線対策をしっかりと

今年の8月も猛暑が予想されます。
夏バテしないよう、日ごろから体調に気を付けていかなければなりません。

夏バテ防止・暑さ対策メニューとして
・そうめん・流しそうめん
・スイカ、枝豆、トマトなどの夏野菜を使ったレシピ
・豚肉とゴーヤの冷しゃぶサラダ
・うなぎ
・マーボーナス
・豚の角煮

などがおすすめです。

夏バテ防止には、豚肉や魚介類、卵などのたんぱく質源や
うなぎや玉ねぎなどのビタミンB1源
ビタミンCやミネラルが豊富な夏野菜を取り入れるのが効果的!
これら食材の売場拡大に加え、レシピの提案もすると良いでしょう。

また、紫外線も増々強くなっていきます。
暑いためノースリーブやTシャツなどはもちろんですが
・カーディガン
・アームカバー
・帽子
・日傘
などの、紫外線対策グッズも販売強化していきましょう。

さらに、紫外線対策は「食」からも促進できます。
抗酸化効果の高いアボカド・鶏肉・レタスや
βカロチンの高いかぼちゃを摂取することがおすすめ。
レシピの展開や、スムージーの提案も良いでしょう。

暑さ対策として、夏に着る服の素材は、
涼しくて吸水性や速乾性に優れたものがおすすめです。

・リネン
・コットン
・シルク
・シャンブレー
・ジャージー
といった素材が夏にぴったりです。
これらの素材を使った衣類の売場拡充も行っていきましょう。

また、8月は蚊やブヨなどの虫も多くなります。
肌見せも増えるため、虫刺されも多くなります。
虫よけスプレーや虫刺され用塗り薬など
虫対策グッズの取り揃えも豊富にしていきましょう。
衣類売場やキャンプ用品売場に隣接して
虫対策グッズを置くと、ついでに購入を促すことができます。

台風シーズン到来!雨対策グッズも充実させて

8月はレジャーやイベントが多い反面
台風シーズンで気候が安定しない時期でもあります。

8月の台風の軌道は、日本列島を直撃することも多く
対策は早め早めに行っておくべきです。

台風対策として、
・断水に備えた飲料水の確保
・窓ガラスに飛散防止フィルムを貼る
・停電に備えたモバイルバッテリーやポータブル電源
・浸水した場合の水切りワイパー
・簡易土のう
・非常食などの防災グッズ

などを、売場拡充しておきましょう。

また、
・カッパ
・傘
・長靴
などの、基本的な雨対策グッズも
種類を豊富に取り揃えておくのが良いでしょう。

2023年8月の販促を考えていこうのまとめ

今年も暑い夏がやってきます。
危ないレベルの気温になることが予想されるため
エアコン等の使用頻度も高まります。
電力ひっ迫の恐れもありますので、
日中は電気を消すなどして
できる限りの節電もやっていきたいところです。

一方で、屋外でのイベントやレジャーも
盛んになると考えられます。
お盆や夏休みを、目一杯楽しめるように
グッズや飲食など販売強化をしていきましょう。

今年の夏はどの業種も勝負の年になるのではないでしょうか。

2023年上半期ももう少しで終わり
下半期に移っていきます。
売上や販売目標を見直して
上半期ラストスパートをかけながら
8月の準備もしていきましょう。

https://incorporation-step.hp.peraichi.com/
https://attrait.shop/
https://peraichi.com/landing_pages/view/hansokurink
https://attcus.pro/inquiry-form/
シェアをして友達にも知らしたげよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です