全国でペライチを使ったホームページ作成講座開催

オンライン時代の悩みzoomセミナーや、zoom面談のURLはいつ送信するのが良いのか?

販促軍師 笹野

愛知県豊橋市を拠点として、全国の中小企業の皆さんにセミナーのサポート、集客、そこから収益化へのアドバイスをしている販促工房の笹野です。

今回は、zoomのURLをいつのタイミングで送るのが良いか、その辺りをご案内します。

最近、セミナーのあり方が変わってきてますね。
リモートワークが主流となり、zoomなどを使ったオンラインセミナーがメインになってきました。

また、打ち合わせをするのも、zoomを活用してネット打ち合わせも増えてきましたね。

ここでいくつか疑問が出てきます、zoomのURLはいつのタイミングで送るべきなのかです。
皆さんはどのタイミングがいいと思いますか?

zoom打ち合わせの場合2回送信

まずは、zoom打ち合わせの場合から考えていきましょう。

何度も何度も、メールで連絡するのは
ちょっとうっとうしく感じるかもしれませんね。
なので基本的には2回送信がBestです。

zoomセミナー開催準備

1:最初に送信するのは打ち合わせが決まったタイミング。
2:2回目に送信するタイミングは当日の朝。
(午前中zoomの場合は、前日の夕方でも良いかもしれません)

ではなぜ2回送るのか説明しますね。

メールやMessenger、 LINE等送信方法はいろいろありますよね。
皆さんは1日何通いろんな人と連絡取り合いますか?

じっさい、結構な回数、結構な人数と連絡とりあっているのではないでしょうか。

お相手の方も同じように複数の方とやりとりをしている可能性があります。
なので、最初に送信した物がどこかへ行っている可能性があります
そこで朝にリマインドが届くと、探す手間も省けて安心です。

その送信時に、一言挨拶をつけると尚よしですね。

あなたは出来る人間に見られる可能性ありますよ。

zoomセミナーの場合、3回送信する

今度は、zoomセミナーについて考えていきましょう。

どのタイミングで送るのか、なかなか悩ましいですよね
セミナー開催時間ギリギリに、アドレスがわかりません
なんて問い合わせをもらうこと、あるかもしれません。

実際問題、セミナー開催前とかに
そんな連絡をもらうと、結構大変で
「準備で忙しいわ!!」と、言いたくなっちゃいますよね

zoomセミナー開催準備

笹野の思うベスト回数は3回です。

1:セミナー申し込みありがとうの返信メール
2:前日夕方のリマインドメール
3:当日開催1時間前のリマインドメール

また、変速技として
1と2には、当日の1時間前に送信しますと記載しておいて
3にのみzoomのURLを送信するって手もありますね。

その方が、思いの外人数が増えてしまった場合
別の対処が出来るなんてのも、ありえます。

zoomセミナーや、zoom面談のURLはいつ送信するのが良いのか?まとめ

zoomセミナー開催準備

zoom打ち合わせと、zoomセミナーでは送信する頻度が異なりますが
基本的には、複数回送信します。

zoomのURLが、最終的に開催時間に相手に伝わるようにします

人により、連絡事項の確認方法が異なるので
事前に送信することと、直前での確認が必要になりますね。
(zoom情報が埋もれないってのがポイントですね)

余談ですが、必ずどこにもで困ったちゃんはいるもので
こんな経験がありました。

先日セミナー開催する時
zoom情報は、開催の1時間前に送信しますねって
セミナー申し込みいただいた方へ自動返信してたのです。

そうしたら
zoom情報が記載されてないのですが
なんて問い合わせをいただいた

うーむ、まずは文字を読もうねと思いますよね。
文字を読まない人は、ある一定数いますので
みなさんもお気をつけくださいね。

https://attcus.pro/inquiry-form/
https://peraichi.com/landing_pages/view/canvacanva
https://uroh4.hp.peraichi.com
https://peraichi.com/landing_pages/view/drm0h
https://peraichi.com/landing_pages/view/hansokurink
シェアをして友達にも知らしたげよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。