全国でペライチを使ったホームページ作成講座開催

店舗運営者さんキャンペーン企画の効果を最大化させるアイデアありますよ

販促軍師

愛知県豊橋市を拠点として、全国の店舗運営者さんの集客と販売促進をサポートしている、販促工房の笹野です。

人は利益を獲得できる場面では
利益を確実に手に入れる事を優先する

逆に、すでに手に入れている物を失うことを何よりも恐れる

つまり
商品を買えば得するというメリットの提示より
商品を買わないと損しますよ!!ってデメリットの提示の方が
購買行動に移りやすいんですね
覚えていきましょう

行動経済学プロスペクト理論でもそのように説明されています
でもね、ある条件を突きつけられると
確実に得られる利益よりも、ちょっと冒険したくもなるのです。
人間の心理って面白いですよね

では、どんな時に狂うのか
ちょっと一例を見ていきましょう。

これを知ると
お店の販売促進の戦略ってのも考え方が変わるかもしれませんよ。

宝くじがなぜ売れるのか?の理論で考える

1周年キャンペーン企画

みなさんは、宝くじ買ったことありますか?
私は、過去何度も買ったことあるのですが
残念ながら、高額当選は一度もありません

年末ジャンボなど、3000円購入すると
最低でも300円戻ってくる仕組みになってますね

1等の当選確率どのくらいか知っていますか?
その時の本数により異なりますが、2,000万分の1とも言われています。(0.00000005%の確率)

この数字だけ見ると、当たるわけないじゃんって思うのですが、1等の当選金額があまりにも高額なので、もしかしたら・・・億万長者!!と思う人が続出し購入者が多いんですね。

さて、この宝くじの理論。
ちょっと数字を低くして一例を出してみます
みなさんは、どんな風に思いますか?

高確率な宝くじ_その1

くじA:5,000円使うと、100%の確率で6,000円貰える
くじB:5,000円使うと、50%の確率で10,000円貰える

くじAでしたら、全員1,000円多くもらえるわけですが
くじBでしたら、2人に1人が倍の金額になるのです
どっちの方が、多く選ばれるでしょう?

みなさんはどちらを選択されましたか?
50%の確率なら結構いいから、倍をチャレンジしたいと思いませんか?

ここで着目していただきたい点は、支払われる総額です。
100人参加者がいたとしましょう。
Aの方は、600,000円
Bの方は、500,000円
と、なるんですね。

商品金額を増やした方が、経費が少ないって話になるんです。
また、思わずシェアしたくなるなどの話題性は、やはりBなんですよね。

高額にし、話題性を出した方が
宣伝効果も高く、経費も低いって思うと
お店側からすると、どっちの戦略が良いですか?となりますね。

高確率な宝くじ_その2

くじA:5,000円使うと、100%の確率で6,000円貰える
くじB:5,000円使うと、80%の確率で7,000円貰える

リターンを少なくした場合で、考えてみましょう。
自分ならどちらを選ぶのか考えてみてくださいね。

くじAだと、確実に500円増えますが
くじBだと、当たると1,000円増えるのですが、5人に1人貰えない人が出ます。

みなさんはどちらを選びますか?
最初のくじと比べると、リターンが少ないですよね
この場合、よほどのギャンブラーでない限り確実なAを選ぶ人が増えると思います。

では、この場合のお店の経費を見ていきましょう。
100人参加者がいたと仮定しますね。

Aの方は、600,000円
Bの方は、560,000円
となりますね。

どうですか?
くじ1にくらべ、くじ2の方が話題性がすくなくなり
シェアなどされにくい感じがしませんか?
そして経費が余計にかかるなんて結果になってしまうのです。

1周年キャンペーン企画

では、お客様がやりやすくて
現実味のある数字はどのあたりでしょうか?

300円のクジにで、
10,000円が1人に当たる
5,000円が1人に当たる
他、参加賞
このくらいでしょうか?

100人参加の場合、30,000円の売り上げ
かかる経費は残念賞の分も入れて20,000円位ですかね
10,000円は利益が残る算段です。

お店を経営されている方は、
どのパターンが宣伝としては面白いと思いますか?
いろいろ模索してみるといいですね。

https://newnisa.hp.peraichi.com/
https://attrait.shop/
https://peraichi.com/landing_pages/view/hansokurink
https://attcus.pro/inquiry-form/
シェアをして友達にも知らしたげよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です