全国でペライチを使ったホームページ作成講座開催

ギャンブルにはまってしまう人の心理とは? そこからビジネスを考える

世の中にはいろんなギャンブルありますよね
パチンコ、競馬・競輪・競艇、ルーレットやポーカーなど
様々な種類のものがあります。

そんなギャンブルですが
はまってしまう人が陥ってしまう
心理ってのがあります。

それは、これだけやったんだからそろそろ来るに違いない。
まさに、これです。

例えばね、パチンコの機械で360分の1の確率で大当たりが出る
そんな機会があった場合、360回やれば、1回大当たりが出るに違いない
そんな心理に落ちるものです。

でも実際には、毎回360分の1の確率で抽選してるんですね。
もしかすると連続で当たるかもしれないし、
もしかすると全然当たらないかもしれない
機械の確率なんて、そんなものなのです。

でも不思議なことに、400回も500回も回っているパチンコ台があれば
そろそろ来るに違いない、そんな心理に陥ってしまいます。

ルーレットで黒が27回連続で出る確率は?

ビジネスとギャンブル

世界記録でちょっと調べたのですが
ルーレットで黒が連続で27回も出たことあるんですね
これが、世界記録らしいですが、ちょっと想像もできない数字ですよね。

ルーレットで黒が連続27回出る確率は1億3千万分の1の確率なんだそうです
(緑の0を抜いた計算で、細かい部分は抜きにしてます)

この時にあったのは、そろそろ赤が出るんじゃないか!!
と、赤にかける人が増えていき、かなり大損をした人が増えたとか・・・
なんか、すごいですよね。

さて、冷静なあなたなら気づいたかと思いますが
この赤と黒を当てるルーレットの場合
ギャンブルとしては、毎回2分の1確率で動いています。

でも、連続27回も黒が続く確率だと
天文学的な数字になるんですよね

そこに、参加者の錯覚って物が生まれてきます。

過去に何色が出たのかなんて
未来のルーレット結果に、何も影響を与えないのですが
なにかしら影響がある気がしてしまうものなんですね

過去と現在が繋がっているのかどうか?

ビジネスとギャンブル

ギャンブル以外にも、今後の予測をするのに
過去の統計から推測するべきもの
過去は関係なく推測するべきもの
ここの判断基準を間違えなければ
大きな失敗はないでしょう。

ギャンブラー的発想にならないように
注意していきましょうね。

判断基準間違えなければ
大きな失敗も減ってきますよ。

勝負事は、勝ち負けって物がありますが
どれだけ負けないようにするのか
これも、結構大切ですね。

https://attcus.pro/inquiry-form/

シェアをして友達にも知らしたげよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です