全国でペライチを使ったホームページ作成講座開催

飲食店さんの失敗する投稿〜あなたの集客したいお客様は誰で、何を見ていますか〜

飲食店のネットからの集客をサポートしている
愛知県豊橋市から全国で活動している
販促工房の笹野です。

今回のテーマは、飲食店さんのやりがちな
ソーシャルメディア投稿の失敗談の話です。

失敗談がわかると、そこを改善することで
成功に導けますもんね

あなたが集客したいお客様は誰ですか?

飲食店の集客に効果的なFacebook・Twitter・Instagram投稿について

あなたの集客したい人は誰ですか?
ここわかってない方が結構多いです。

全く新規のお客様?
過去に来ていただいたお客様?
常連客様?
誰ですか?
ちょっと再度確認してきましょう。

十分な数の常連客さんがいるから
新規客なんて取らなくても大丈夫!!
なんてなっているお店は少ないかと思います。

ほとんどのお店は、
全く新たな新規を得たいと思っていますよね。

お客様に合わせて言葉遣いを変える

飲食店の集客に効果的なFacebook・Twitter・Instagram投稿について

新規客を取り込みたい場合、あなたが使っているその言葉は
新規客に向けての言葉になっているのか
一般の方には通じているのか考えてみましょう。

もしかしたら、あなたが集客したいお客様に
あなたの言葉が届いてないかもしれませんよ
もしも仮に届いていても
あなたの言葉が通じていないかもしれません。

お店の集客したいお客様が
見ている場所、媒体で
発信しなければ意味がありません。

そのお客様は、Twitterを見ていますか?
Instagramを見ていますか?
Facebookを見ていますか?
それとも、検索してブログを見ていますか?

また、集客したいお客様に
通じる単語・一般用語で話さなければ
当然のごとく伝わりません。

例えば、料理の写真を掲載しても
それが、どんな素材で作っているのか
商品名は何なのか?
何人前なのか?
いくらなのか?
どんな時に食べると良いのか?
などなど、ターゲットとして呼び込む
お客様に合わせて掲載しないと、わからないものです。
(逆に常連客ようだと、端折っても良いかもしれませね)

連想ゲームなどではなく、
ちゃんと相手の方のメリットが
わかるようにしていきましょう。

この写真見れば、わかるやろとか
ちょっと考えればわかるじゃんって言うのは無しですよー

投稿する、宣伝する時
誰に向けてやっているのか
ターゲットは誰なのか
再度考え直していきましょうね。

https://attcus.pro/inquiry-form/
https://peraichi.com/landing_pages/view/canvacanva
https://peraichi.com/landing_pages/view/t7vyf
https://peraichi.com/landing_pages/view/zoomcanva
https://peraichi.com/landing_pages/view/hansokurink

シェアをして友達にも知らしたげよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です