全国でペライチを使ったホームページ作成講座開催

ブログを書くときに注意!!リンクを貼ることで起きる弊害

ブログやホームページなどで
文章を書くときに
気をつけていただきたいのは
リンクの貼り方です

SEO的に考えると
説明文であったり、引用の文章であったり
詳細な説明が必要になる場所は
リンクを貼って 他のページと繋げたりするのが
良いと言われています

実際にSEO関連の本を見ると
関連性の高い良質なサイトへリンクを貼るのが良い とか
内部リンクの重要性とか 書かれていますね

Googleがアップデートしてなんて話も載っていました

ここで重要になってくるのが
SEO的にいいからとか、お客様的に必要であるからとか
の理由で、リンクを貼っていくときの弊害についてです

人間の心理としまして、わからない単語があると
調べようかなぁって欲求が生まれます

大抵は 自分で調べることが面倒って人が多いので
リンクが貼ってあれば、わからない単語を調べるために
リンク先に飛んでいって、調べ物をするって言うことが起こります
(その情報が、本当に合っているのか検証する必要もありますしね)

このリンク先に飛んでいったと言う時
リンク先の記事が面白かった場合
興味深いものであった場合

その記事を読み込んでしまうので
最初のブログに戻ってこないという事態が起こります

さらに、わからない単語などあった場合
何度も何度も他のページに飛ばされると
このブログ自体も読む必要ないんじゃないかと
感じてしまいます

なので、基本的には
ブログ単体で話が完結するようにし

ブログの文中で貼るリンクについては
極力数を減らし、読み終わってから最後にまとめて表示とか
リンク数の調整してみましょう

これでブログの途中離脱の数が変化してきます
せっかく自分のブログに到達した方が
リンクをたどって離脱してしまうって言うのは勿体無いですね
そのリンク自体がどれだけ必要なものなのか
考えて設置していきましょう。

https://attcus.pro/inquiry-form/
https://peraichi.com/landing_pages/view/t7vyf
https://peraichi.com/landing_pages/view/zoomcanva
https://peraichi.com/landing_pages/view/hansokurink

シェアをして友達にも知らしたげよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です