全国でペライチを使ったホームページ作成講座開催

時代の変化についていけない企業が倒産する、それは自然の流れ

愛知県豊橋市を中心として、小さなお店・会社向けに
集客・販売促進のサポートをしている
販促工房の笹野です。

全国各地の大手百貨店やスーパーなどが撤退などする時に
ソーシャルメディアの投稿を見ていると
存続を希望する声や、なくなって寂しいなどの声が
流れてきます。

これに、ものすごく違和感を感じるんですよね。

お店や会社が倒産するのは、
時代の変化に取り残されたため
この一点に尽きるわけです。

簡単に言えば、売り上げが減っているから
資金が不足してしまい
倒産したり、撤退したりするわけ。

お店が無くなると寂しいって言ってる人
言っているだけではなくてですね
そこのお店で買い物すれば良いんです。
そこのお店が赤字にならなくて
しっかり利益が出るほど買い物してあげましょう。

そうすれば、お店は存続するわけですよ。
簡単な理屈ですよね。

存続を望むのならば、口だけではなく
行動で示すべきかなと思うのです。

新規オープンのお店・廃業の危機

またね
今までのお店や会社が潰れるってのは
新しいお店や会社が出てきたから
そっちのお店などにシェア(お客様)が取られたわけです。

街に住んでいる人が増えない限り
買い物をする人数は劇的に増えないですからね
(今の日本では減る方が進んでるかと思います)
お店の数は増えたら、お客の取り合いが加速します
つまり既存のお店はお客が減りますね。

昔ながらの店が存続するということは
新しい店が潰れるって話なんですよね
極端な話、新しいお店が出来ないって話。

これもすごい話ですよね。

例えばね
あなたが、独立起業したいとか
新しい会社・お店をオープンさせたいと思った時
昔ながらの店を存続させたいから、オープンしてはダメです
なんて言ってるのに近くなっちゃうわけです。
(極論ですけどね)

時代は必ず変化・変革していきます。
お客様のニーズも変化していきます。
その流れに乗れないと、同じような事が各地で起きるかと思います。

古いから良いではないですし
新しいから良いでもないです。

時代の変化に乗り
お客様のニーズの応えられる会社にしていかないと
廃業してしまう、そう思う次第です。

みなさんの会社はどうですか?
改めて考えていきましょう。

https://attcus.pro/inquiry-form/
https://peraichi.com/landing_pages/view/t7vyf
https://peraichi.com/landing_pages/view/hansokurink

シェアをして友達にも知らしたげよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です